みんかぶ不動産

リフォーム会社はどうやって選ぶべき?ランキングや選び方のコツを解説

筆者: 八木 チエ不動産投資管理
2019/11/26

築年数が古い物件の入居率を上げるために、リフォームを検討されている方も多いのではないでしょうか。リフォームという過去に経験のないことをするわけですから、数多くあるリフォーム会社の選び方で悩まれている方も少なくないでしょう。

リフォーム会社ごとに得意な分野や料金体系は異なるため、その違いを踏まえた上で最適なリフォーム会社を選ぶ必要があります。この記事では、リフォーム会社を探す際に役立つリフォーム会社の選び方や、人気ランキングなどふまえて、わかりやすく解説します。

1.なんでリフォームをする?リフォームの目的を明確にする

リフォーム会社を探す前に行って欲しいのが、リフォームする目的の明確化です。不動産投資においてリフォームは、収益性の改善に効果的な手法です。

しかし目的もなくリフォームをしてしまうと、予算が想定以上にかかったり、費用の回収までに想定以上に時間がかったりする恐れがあります。以上の事態を避けるために、不動産投資でリフォームを行う際には、あらかじめ目的を明確にする必要があります。

不動産投資において、リフォームの目的は「定期メンテナンス」、「修繕・修理」、「リノベーション」の三種類に大きく分けられます。定期メンテナンスとは、あらかじめ老朽化の進行などを防止するために行うリフォームです。

修繕・修理とは、老朽化などの影響で何かしらのトラブルが建物に生じている際に、その部分を直すために行うリフォームです。そしてリノベーションとは、より暮らしやすいように建物内を改造することで、物件の価値を向上させるリフォームです。

どの目的でリフォームを行うかによって、リフォームに必要な費用や今後期待できる家賃(キャッシュフロー)、リフォーム費用の回収までに要する期間などは異なります。ゴールを事前に把握するためにも、あらかじめ目的を明確にしておく必要があるのです

ご自身でリフォームする「セルフリフォーム」に関しては下記でも解説していますので参照してみてください。

関連記事:→初心者でも簡単にできるセルフリフォームで収益物件の価値を上げる

2.目的を達成するためのプランを立てる

リフォームの目的を達成するには、入念にプランを立てて失敗リスクを下げなくてはいけません。今回は、リフォームプランを立てる上で大切な2つのポイントをご説明します。

(1)予算とスケジュールは多めに確保しておく

リフォームを進めていく過程で、当初想定していなかった問題点(柱の腐食など)が見つかる場合があります。

予期せぬ問題点を改善する場合、当初よりも費用が追加で発生することになります。そうしたトラブルに臨機応変に対処するためにも、予算は多めに確保しておきましょう。またリフォームにかかる期間も、多めに確保しておくのがベストです。

先ほどお伝えしたように、リフォームでは工事を進める過程で思わぬ問題点が見つかるケースが多々あります。後から見つかった問題に対処すると、当初予定していた期間が延びる可能性が高いので、よって予算と同様に、スケジュールについても余裕を持っておくのが無難です。

(2)今後の収益計画をもとにリフォームプランを立てる

リフォームのプランは、不動産投資の収益計画と照らし合わせながら立てるのがベストです。「何年でどのくらいの収入を得たいのか」とか「いつまでに初期投資を回収したいのか」といった部分は、各々の考えによって変わります。

収益計画とリフォームプランがかみ合っていないと、のちのちの収益計画が狂ってくるので注意が必要です。たとえば長い時間をかけて投資資金を回収したい場合は、老朽化や時代遅れになることなどを踏まえて、リフォームを行う必要があるでしょう。

3.リフォーム会社を選ぶには?大手リフォーム会社と地域型リフォーム会社の違い

リフォーム会社を選ぶ際、「大手と地域の小さな工務店(地域型)のどちらにすべきか?」はとても悩ましい部分でしょう。大手リフォーム会社と地域型リフォーム会社とは、強みや業務の進め方に違いがあります。

ここでは、リフォーム会社選びで意識したい大手と地域型リフォーム会社のそれぞれのメリットとデメリットについてわかりやすくご説明します。リフォーム会社を選ぶ際の基準として参考にしてみてください。

(1)大手リフォーム会社のメリットとデメリット

①メリット

大手リフォーム会社に依頼する最大のメリットは、豊富なリソースと経営資源を持っていることです。工事に投入できる人員や機械設備の量はもちろん、長年建築業界をリードしてきた大手は建築ノウハウや技術の質も高いです

また、名の知れた企業に頼むという安心感もあります。口コミなどで高評価を得ている企業にリフォームを依頼すれば、期待はずれのリフォームに終わる心配をせずに済むでしょう。

また大手は地域密着型のリフォーム会社と比べて、アフターフォローもきちんと仕組み化されています。万が一工事後に不具合が見つかった場合に対応してもらえるのは、大手のメリットと言えます。

②デメリット

サービスの質は総じて高い大手のリフォーム会社ですが、工事費用が地域型のリフォーム会社と比べて高くなりやすいので注意しましょう。大手のリフォーム会社は、内装や設計などの各作業を他の会社と分業して行うことが多いため、下請け業者に支払う手数料などが追加で発生するため、余分に費用がかかってしまうのです。

また分業制の場合は、他の会社との打ち合わせなどにも時間がかかるため、工事期間が長引くこともあります。工期を急いでいる場合は、事前の作業スケジュールを入念に確認することが重要です

(2)地域型リフォーム会社のメリットとデメリット

①メリット

地域型リフォーム会社に依頼する最大のメリットは、工事費用を安く抑えることができる点です。リフォームにあまり費用をかけたくない方にとっては、地域型リフォーム会社に依頼するのが適していると言えます

また地域型リフォーム会社は、社員数が少ない分、リフォームの詳細な希望に対して柔軟に対応してくれる傾向があります。地域に密着している会社が大半であるため、細かいリフォームの内容でも気軽に相談できるでしょう。

加えて、一つの専門分野に特化している会社が多いのも、地域型に依頼するメリットの一つです。たとえばリノベーションを得意とするリフォーム会社に依頼すれば、大手に頼む場合よりも質の高いリノベーションを行ってくれます

②デメリット

地域型リフォーム会社の中には、アフターフォローがしっかりしていないところもあります。リフォームが終わってからしばらくして、想定外の不具合(水漏れなど)が見つかるケースは少なくありません。

そうした場合に、アフターフォローの交渉で時間がかかったり、不動産経営に支障をきたしたりするので注意が必要です。事前にアフターフォローの中身について確認することが大切です

また、保証期間が短い傾向が強い点も、地域型リフォーム会社のデメリットです。保証期間が切れてしまうと、不具合が見つかっても実費で修繕しなくてはいけません。アフターフォローや保証面を重視したい方は、大手のリフォーム会社に依頼された方がいい場合があります。

4.不動産投資を成功させるリフォーム会社の選び方

不動産投資を成功させるには、自身の目的を忠実に達成してくれるリフォーム会社を選ぶことが大切です。この章では、不動産投資の成功につながるリフォーム会社の選び方を5つご説明します。

(1)行う予定のリフォーム内容を強みとするリフォーム会社を選ぶ

リフォーム会社によって強みとするリフォームの内容は異なります。同じリフォームの内容であっても、得意とするかどうかで工事の出来ばえが変わってきます。出来ばえを少しでもよくするためにも、その工事を得意としているリフォーム会社に依頼しましょう

(2)くわしく説明してくれるリフォーム会社を選ぶ

リフォーム会社を選ぶ際には、工事の内容やこちら側の質問に対して説明してくれるかどうかを見ましょう。希望通りのリフォームをしてもらうには、相手がこちら側の希望をしっかりと理解した上で工事に着手する必要があります。

こちら側の質問への答えや工事内容をはっきりと答えられない場合、こちら側の意図を汲み取れていない、もしくは実現できるだけの技術がない可能性が高いです。後から後悔することのないように、くわしく工事内容や質問への返答を説明してくれるリフォーム会社を選ぶのが無難です

(3)意見の押し付けではなく要望を「聞いてくれる」リフォーム会社を選ぶ

リフォーム会社の中には、ひたすら自分たちの意見を押し付けてくるところもあります。こうしたリフォーム会社は、こちら側の希望を無視して工事を進めて、お金だけ請求してくるので注意しなくてはいけません。

リフォームでお金を無駄にしないためには、要望をしっかりと聞いてくれるリフォーム会社を選ぶのが大事です

(4)実績が豊富なリフォーム会社の方が当たり外れは少ない

リフォームで失敗したくないならば、実績が豊富なリフォーム会社を選んだ方が無難です。たしかに出来たばかりのリフォーム会社や実績が不明なリフォーム会社の中にも、優れた技術力を持つところは存在します。

ですが1%でも失敗するリスクを抑えたいのであれば、実績が明らかな会社に頼んだ方が安心です

(5)アフターフォローや保証が充実したリフォーム会社を選ぶ

リフォームが問題なく終わっても、半年後や1年後など、後々になって思わぬ欠陥が見つかる可能性があります。そうしたリスクに備えて、アフターフォローや保証が充実したリフォーム会社を選んでおくと安心です。

アフターフォローや保証の充実さを見ずにリフォーム会社を選んでしまうと、後々欠陥が見つかっても何も対処してもらえずに、追加費用をかけて再度工事する必要が出てくるので注意しましょう。「リフォーム会社選び」に関しては下記でも解説していますので参照してみてください。

関連記事:→リフォーム会社の選び方と賢く発注する方法

5.リフォーム会社の人気ランキングトップ5

最後に、リフォーム会社の人気ランキングを「不動産・住宅サイトSUUMOにおける各社のアクセス数」をもとにご紹介します。

(1)住友不動産の新築そっくりさん

数あるリフォーム会社の中でもっとも人気を集める理由は、追加費用が一切かからない完全定価制でリフォームを行える点です。最初に提示された費用でリフォームできるため、安心して工事を任せることができます。

(2)ミサワリフォーム

2番目に人気なリフォーム会社はミサワリフォームです。こちらのリフォーム会社が人気を集める理由は、高いデザイン力です。

まるで展示場のような品質でリフォームを行なってくれるため、不動産の価値を上げたい方にはおすすめです

(3)朝日住宅リフォーム

年間およそ500件もの実績を誇る朝日住宅リフォームは第3位となりました。朝日リフォームの強みは、中古物件のリフォームです。

まるで新築と錯覚するかのようなリフォームを行ってくれるため、中古住宅のリフォームに悩んでいる不動産投資家の方にはベストな選択肢となるでしょう

(4)住友林業のリフォーム

人気ランキング第4位は、住友林業のリフォームです。名前からもわかるように、このリフォーム会社の強みは「木材に対する専門性」です。

創業から長年培ってきた木材の専門性・ノウハウがあるため、木造住宅のリフォームでは右に出る会社はないと言っても過言ではありません

(5)大和ハウスリフォーム

第5位のリフォーム会社は、大和ハウスリフォームです。同社の強みは、住宅メーカーとしての豊富なノウハウを持っている点です。

長年にわたり住宅を造ってきた同社に依頼すれば、物件の資産価値向上が期待できるでしょう。なお本来第5位には、住友不動産の新築そっくりさん(マンション)がランクインしています。

ですが第1位に同社がランクインしているため、今回は一つ順位を繰り上げてご紹介しました。

参考:https://suumo.jp/remodel/rank/kaisha/

(6)地域密着型のリフォーム会社の探し方

最後に、地域密着型のリフォーム会社の探し方をお伝えします。結論から言うと、全国にある工務店を検索できる「全国安心工務店ネット」というサイトを活用するのがベストです。

こちらのサイトでは、地域と施工形態(注文住宅かリフォーム)から、お近くにある地域密着型のリフォーム会社を探すことができます。ただし検索しても、地域密着型のリフォーム会社が出てこないこともあります。

その場合には、物件の近くを探し回って工務店を見つけたり、知人から紹介してもらったりするのも一つの手です。

参考:http://www.ansinkoumuten.net/index.html

まとめ

リフォーム会社選びは、リフォームの成功を左右する重要なプロセスです。自身の目的を達成する上で、どこの会社が最適かを念頭に置いた上で、リフォーム会社を選びましょう。

八木 チエ

株式会社エワルエージェント 代表取締役
みんかぶ不動産プロデューサー

宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナーなどの経験を活かし、第3者の立場で不動産投資をしていくうえで役に立つ情報をお届けします。