ログイン

アカウントが未登録の方は新規会員登録してください。

不動産投資物件選び

愛知県で不動産投資を始めよう!オススメエリアや物件選びのコツ

八木 チエ
2020/02/13

名古屋あたりの優良な収益物件を探している」

愛知県で不動産投資するときのコツを知りたい」

日本の中心部にある愛知県は、自動車産業などで経済発展していて、長期的な賃貸需要を見込めるメリットがあります。物件価格は東京よりも比較的安く、高い利回りにも期待できそうです。

名古屋の地価はまだこれからだと言われていて、穴場な投資エリアであると業界内で言われています。東京の不動産業者も相次ぎ名古屋に進出しているので、名古屋はこれから注目を浴びるエリアと言えるでしょう。

本記事では愛知県で不動産投資を検討している人に向けて、オススメエリアや物件選びのコツについて解説します。

不動産投資における愛知県の特徴

東海地方において実力のある大企業が集まるエリアが愛知県です。外国人労働者の増加により愛知県で働く単身者が増えていて、高い賃貸需要により空室リスクを抑えられます

マネープラスによると愛知県の空室率は11.2%と低く、利便性や雇用の充実度から人口が減りにくい傾向です。人が集中する都市で不動産投資することにより、安定した家賃収入を得やすくなります

ただ、2020年以降は人口がより減っていく可能性が高く、空室率が増加して利回り低下につながるリスクもあります。不動産投資における愛知県の特徴を詳しく見てみましょう。

参考:https://media.moneyforward.com/articles/4072

人口ピークは2020年あたり

少子高齢化により出生数が減っている今では、愛知県の総人口が減少していく見通しです。

愛知県人口ビジョンによると、2040年には愛知県の総人口が700万人以下になることが予想されています。

特に2020年以降は人口増加数が減りやすくなり、2020年あたりをピークに愛知県で生活する人々は少なくなる傾向です。特に15歳から64歳までの生産年齢人口が減ることで、賃貸需要も小さくなる可能性があります。

ただ、中日新聞が報道した2030年の将来推計人口では推計人口指数の上位3位に愛知県が含まれています。都市部に近い長久手市名古屋市中区は利便性が高く、今後も安定した賃貸需要に期待できるでしょう。

参考:
【愛知県公式Webサイト】愛知県人口ビジョン 
【中日新聞社広告局メディアガイド】2030年の将来推計人口、愛知県の指数は全国3位 東海エリアの市町村別では愛知県長久手市がトップ

リニア新幹線で生産性向上

2027年に開業予定のリニア新幹線により、東京や大阪への所要時間が大幅に短縮されるのも愛知県の魅力です。

従来では名古屋から品川まで約1時間半かかりましたが、リニア新幹線により40分で到着します。

また、将来的には新大阪駅までリニア新幹線は延伸化されて、名古屋から大阪まで約1時間でアクセスすることが可能です。リニア新幹線によりビジネスのスピードが速くなり、企業の生産力向上につながります。

ものづくりの現状とリニア中央新幹線の効果によると、品川から名古屋までのリニア開業により約10兆円もの経済効果が推計されています。高い経済効果により消費も増加する見通しです。

参考:http://www.cbr.mlit.go.jp/kokudokeisei/kouiki/pdf/n01_chikizukuri_sanko03.pdf

家賃相場は埼玉県と似た水準

将来性にかなり期待できる愛知県の家賃相場は関東圏に比べて安く、埼玉県と似たような水準となります。

愛知県の家賃相場情報によると、ワンルームなど単身者向け物件の家賃相場は以下の通りです。

また、2LDKなどファミリー世帯向け物件の家賃相場は以下の通りです。

基本的に名古屋市の賃貸需要が愛知県では一番大きく、名古屋から離れるほど家賃相場は安くなります。安定した家賃収入を重視する人は名古屋市内の収益物件を検討しましょう。

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/aichi/city/price/

愛知県で不動産投資するときのオススメエリア

「愛知県のどのエリアで不動産投資すべきか分からない」と悩んでいる人はいるかもしれません。

これから愛知県で不動産投資を始める人に、オススメできるエリアは3つあります。

それぞれのエリアにおける特徴を詳しく見てみましょう。

名古屋市

愛知県の中心部にある県庁所在地として有名なエリアが名古屋市です。

東海道新幹線が通る名古屋駅を中心に街が発展していて、アクセスのしやすさから多数の企業がオフィスを構えています。

名古屋駅に近い中区は地下鉄が整備されているので、難なく通勤できるのがメリットです。名古屋市科学館や名古屋城などの公共施設も多数あり、家族で休日を楽しみやすい性質もあります。

単身者から人気が高い栄駅の周辺では、地下鉄駅を結ぶ地下街もあり、雨に濡れることなくショッピングできるのもポイント。多様な食文化やファッションを体験できることから女性の人気も集めています

豊田市

国内で知名度の高い自動車メーカー「トヨタ」が本社を設置しているエリアが豊田市です。

2017年現在、豊田市には製造業の835もの工場があり、全国1位の製造品出荷額等を達成しています。

工場を稼働させ続けるには人手が必要であり、最近では外国人労働者が増加している傾向です。ほとんどの外国人労働者は物件を所有していないため、豊田市にある賃貸で生活しています。

単身者向け物件を購入して外国人可能の賃貸を提供することで、長期的な家賃収入を見込めます。「より安い物件価格で投資して高利回りを狙いたい」と考える人に豊田市はオススメのエリアです。

長久手市

名古屋のベッドタウンとして発展しているエリアが長久手市です。

市内にはリニモと呼ばれるモノレールが整備されてあり、ショッピングセンターや地球博記念公園にアクセスしやすいメリットがあります。

また、2030年の将来推計人口によると長久手市の人口は増える見通しです。エリア内の人口が増えることで空室リスクが小さくなり、利回りが悪化してしまう可能性を低く抑えられます。

ただ、長久手市からは1本の電車で名古屋にアクセスできず、名古屋市内に比べて立地環境は悪いです。また、ファミリー世帯は住宅を購入することが多く、賃貸需要が減りやすい傾向もあります。

愛知県で不動産投資するときのオススメサイト

不動産投資を経験していない人はエリアの事情が分からず、リスクの高い収益物件を買ってしまう場合がよくあります。

失敗を防ぐには愛知県に詳しい不動産業者のサイトを利用することが重要です。

これから愛知県で不動産投資する人にオススメなサイトは主に3つあります。

  1. AZ不動産
  2. 住みかえ.net
  3. エーチーム

それぞれのサイトにおける特徴を紹介します。

AZ不動産

愛知県名古屋市をメインとして東海地方の不動産投資物件を取り扱う業者がAZ不動産です。本社は名古屋市中区金山にあり、収益不動産の販売や不動産管理などの事業を行っています。

実際に収益物件を購入した投資家に向けて8つの管理業務を提供しているのが特徴です。

例えば入居者募集業務であれば、入居促進キャンペーンや入居希望者の審査などを対応してくれます。

また、物件の入居者から家賃収入を確実に得られるよう、賃料の集金・滞納督促業務も担当。もし入居者が家賃を支払わないときは、AZ不動産が累積6ヶ月間も滞納保証してくれます。

24時間緊急対応や建物維持管理業務、資産運用相談までしてくれるから、初めての不動産投資に不安がある人も安心できます。投資未経験者はAZ不動産で不動産投資を検討しましょう

参考:https://az-group.co.jp/

住みかえ.net

住みかえ.netは愛知県に特化した投資マッチングサイトです。「駅まで徒歩10分以内」「名古屋駅まで電車で1本」などの立地条件を満たした収益物件を効率的に探せるメリットがあります。

会員登録により物件の詳細情報を確認したり、不動産業者に問い合わせたりすることが可能です。年会費や利用料などのコストは発生しないため、無料で優良物件を調べられます

ただ、住みかえ.netは買主と売主の投資マッチングサイトであり、資産運用などを専門家と相談するのは難しいです。「優れた非公開物件を見つけたい」と考える人にオススメします。

参考:https://toushi.sumi-kae.net/

エーチーム

愛知県名古屋市中区に本社を置く不動産投資コンサルティングがエーチームです。

エーチームでは以下にある4つの約束を守ったうえで適切な収益物件を提供してくれます。

  1. お客様のご要望に基づき、条件にあった物件情報を提案
  2. 購入を確定した物件の将来性や劣化、必要経費の調査
  3. 取引が完了した後の入居斡旋を積極的に協力
  4. 物件管理を手厚くサポート

また、本やインターネットでは分からない情報を知るために無料相談することも可能です。不動産投資の知識がある人と相談することで、間違った投資を防げるメリットがあります。

エーチームに相談・セカンドオピニオンを申し込むには、会社に電話をかけるか、お問い合わせフォームから連絡することが必要です。投資知識があまりない人にエーチームをオススメします。

参考:http://www.axteam.co.jp/

愛知県の収益物件選びで失敗しないコツ

「収益物件を購入した後に失敗しないか不安」と思う人は多くいるでしょう。

愛知県内の収益物件を選ぶときは、以下にある3つのコツを参考にすることが重要です。

人口の増えない郊外を避ける

利便性の高い都市部は人を集めやすく、逆に地方や田舎は人口が減りやすい傾向があります。これから不動産投資する場合は人口増加が見込めない郊外を避けて物件を選びましょう

例えば豊橋市岡崎市などの名古屋から離れたエリアは利便性が悪く、人口減少により空室率が高くなりやすいです。

安定して家賃収入を得るために人口が減りにくい都市部の検討をオススメします。

名古屋駅にアクセスしやすいことを重視

東海道新幹線の全列車が停車する名古屋駅にはオフィスが多く、通勤のために賃貸を利用する社会人が多数います。

名古屋駅にアクセスしやすい物件を選ぶことで、賃貸需要の低下を避けられるでしょう。

単身者を狙うなら地下鉄沿線

名古屋市内には複数の地下鉄が通ってあり、学生や社会人などの単身者は地下鉄沿線に住む傾向です。

ワンルームマンションに投資する場合は、地下鉄沿線の立地にこだわることを推奨します。

まとめ

東海地方のなかで最も産業が栄えている愛知県は不動産投資するのに適したエリアです。リニア新幹線の開業による10兆円超の経済効果により、人口が減りにくいメリットがあります。

また、首都圏に比べて物件価格が安い一方、埼玉県と同水準の家賃相場で収入を得られるのも利点です。

安い費用で投資して高利回りを狙いたい人に、愛知県での不動産投資をオススメします。

八木 チエ

株式会社エワルエージェント 代表取締役
みんかぶ不動産プロデューサー

宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナーなどの経験を活かし、第3者の立場で不動産投資をしていくうえで役に立つ情報をお届けします。

関連コラム