ログイン

アカウントが未登録の方は新規会員登録してください。

不動産投資物件選び

和歌山県で不動産投資を行いたい方必見!特徴やオススメのエリアを徹底解説

八木 チエ
2020/07/22

アドベンチャーワールドや南紀白浜など、和歌山県には観光客を寄せつけるスポットがたくさんあります。

観光客が多く訪れる一方で、人口減少の度合いが顕著であるため、和歌山県で不動産投資を行うのは難易度が高いそうです。

そこで今回は、難易度の高い和歌山県での不動産投資を成功する上で、知っておくべきオススメリアやオススメの情報サイト、投資のコツを分かりやすく解説します。


不動産投資における和歌山県の特徴

不動産投資を和歌山県で始めたい方は、あらかじめ和歌山県の特徴を理解しておくことが大切です。

不動産投資の視点から見た場合、和歌山県には下記3つの特徴があります。

人口減少が特に顕著

和歌山県の公式発表によると、2019年10月1日時点での人口は923,721人(およそ92万人)となっています。

1989年(平成元年)時点では1,074,245人(およそ107万人)だったことを踏まえると、この30年間で大きく人口が減少したと言えます。

地方では軒並み人口が減少していますが、その中でも和歌山県の人口減少の度合いは特に顕著です。その影響で、今では都道府県別の人口ランキングでは40位と、低い水準となっています。

この状況が改善されない場合、人口減少はより一層加速すると考えられます。事実、2040年には71.9万人、2060年には52.5万人まで人口が減少すると、和歌山県は推定しています。

こうした人口減少の背景には、日本全国で問題になっている少子高齢化があります。和歌山県ではここ数年で出生数の減少に歯止めがかかっているものの、それを上回るスピードで死亡者数が増えており、今後もこの傾向は続く見込みです。

参考:https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020100/tihousousei/tihousousei_d/fil/02vision.pdf

家賃相場は2万円〜6万円

和歌山県内の家賃相場は、2万円から6万円前後となっています。

はじめに、部屋数別に見た場合の相場は下記の通りです。

  • ワンルーム:2万円〜5万円
  • 1K、1DK:2.9万円〜5.3万円
  • 1LDK、2K、2DK:3万円〜5.8万円

ワンルームや1Kなどはもちろん、1LDKや2DKといった広い物件でも3万円〜4万円台で貸し出されている点が大きな特徴となっています。また、隣接する奈良県と比べると、上限となる家賃が5万円台と低い点も特徴的です。

一方で市町村別に見た場合、和歌山市が3万円〜4万円台が相場となっている一方で、上富田町や白浜町などの地域の家賃相場が高くなっている点が特徴的です。

参照:https://www.apamanshop.com/yachinsobasearch/102201/wakayama/

都市部とそれ以外の地域で不動産に対する需要が二極化している

和歌山県で不動産投資を行う上で、無視できないのが需要の二極化です。

県庁所在地のある和歌山市内では、再開発や交通網の整備などの影響により、単身赴任のサラリーマンやファミリー層からの需要が増えています

一方で、白浜町や上富田町などの一部を除いた地域では、人口の減少や不便さから不動産に対する需要が大幅に低下しています。


今後も人口減少が深刻化すると予想されるため、この傾向はより一層増していくと考えられるでしょう。

和歌山県で不動産投資するときのオススメエリア

人口減少の傾向が顕著な和歌山県では、エリア選びが不動産投資の成功を大きく左右します。

和歌山県で不動産投資を実施するに際しては、「和歌山市駅周辺」、「ふじと台ニュータウン周辺」、「白浜町」、「上富田町」の計4ヶ所のエリアが適しています。

和歌山市駅周辺

和歌山県での不動産投資において、もっともオススメのエリアは「和歌山市駅周辺」です。

最大のオススメポイントは、利便性の良さです。大阪駅まで1時間ちょっとの時間でアクセスできる上に、駅周辺には生活に必要な施設がすべて揃っています。

そのため、大阪に通勤・通学する人やその家族の入居需要が見込めます。

また、再開発の地域に指定されている点も、このエリアをオススメする理由の一つです。再開発は現在すでに進行中であり、2020年9月末までに商業施設やホテルなどの施設が多数完成する予定です。

こうした街の再開発により、他地域からの人口流入や活性化が予想されます。それに伴い、同エリアの不動産需要も増加する可能性があります。

ふじと台ニュータウン周辺

和歌山市駅周辺と同じくらいオススメなのが、ふじと台ニュータウン周辺のエリアです。

和歌山県北部に位置する同エリアをオススメする最大の理由は、和歌山市中心部や大阪都心へのアクセスがしやすいことです。

同エリア内にある和歌山大学前駅から、和歌山市駅までは6分、なんば駅までは32分でアクセス可能です。また、大阪と和歌山を結ぶ「第二阪和国道」が開通したことで、車でのアクセスもしやすくなりました。

こうしたアクセスの良さに加えて、自然が豊富な街並みも相まって、子育て世代から絶大な人気を集めています。和歌山県全体で人口が減少する傍らで、同エリアは毎年人口が増加しています。

利便性の良さや需要の増加などを考慮すると、このエリアで不動産投資を行えば安定的な需要を見込めると言えます。

白浜町

上に挙げた2つの地域と比べると重要度は落ちるものの、白浜町も不動産投資ではオススメの地域です。

オススメの理由は、観光地の多さです。白浜町内にはアドベンチャーワールドやビーチなど、観光客が押し寄せる観光スポットがあります。

そうした観光客をターゲットにすれば、最近注目を集めている民泊投資で十分な収益を得られる可能性があります。

また、賃貸アパート・マンションの値段も他の地域と比べると高いため、うまく入居者を集めることができれば毎月安定的に多くの収益を得られるでしょう。

上富田町

意外と知られていないエリアで言えば、上富田町も和歌山県での不動産投資ではオススメです。

和歌山県内全体で人口減少が続く中で、同エリアは重点的な企業の誘致を行うことで人口を増やし続けることに成功しています。また、毎月500円の会費で好きなスポーツに自由参加できる地域型スポーツクラブの取り組みを行っていることで、教育に力を注ぐ子連れファミリーの転入数も増加しています。

こうした事情もあり、和歌山市や白浜町に次いで不動産投資での成功を狙えるエリアとなっています。

和歌山県で不動産投資するときのオススメサイト

不動産投資を始めるためには、物件探しなどをサポートしてくれる不動産会社を探さなくてはいけません。

最初から直接不動産屋に行くのは非効率なので、まずは不動産会社が運営するサイトで収益物件を探すのがオススメです。

和歌山県での不動産投資においては、下記3種類のサイト(不動産会社)が役に立ちます。

R-JAPAN

R-JAPANは、大阪市に本社を置く不動産会社です。

同社は投資物件や収益物件の売買や管理を専門としているため、サイト内には豊富な種類・数の物件が掲載されています。

一棟アパートや戸建てはもちろん、倉庫やビルなども取り扱っているため、ご自身のニーズに合った物件を見つけやすい点も魅力の1つです。

参考:https://www.r-japan-toushi.com/index.php

山田不動産

地域密着型の不動産会社を希望する方にオススメなのが、和歌山県に本社を置く山田不動産です。

一戸建てやマンションはもちろん、事務所や倉庫、工場などの売買も取り扱っています。和歌山県の地域事情を知り尽くしているため、アドバイスを受けながら不動産投資の物件やエリアを選びたい方にはオススメです。

参考:http://www.yamada-fudosan.jp/

みんかぶ不動産

当サイトでは、和歌山県内にある収益物件を、価格や利回り、築年数、物件種別などの条件から詳細に検索できます。

そのため、ご自身のニーズに合った収益物件を簡単に見つけることが可能です。

また、サイト内にはこのように不動産投資に役立つ情報コラムが掲載されているため、不動産投資のノウハウを学ぶことも可能です。

物件の購入のみならずノウハウを学ぶこともできるため、不動産投資を始めたあとも役に立つサイトとなっています。

参考:みんかぶ 不動産

和歌山県で不動産投資するときのコツ

一定の需要を見込める首都圏とは異なり、人口が減少している和歌山県での不動産投資は一筋縄ではいきません。

何となくエリアや物件を選んでしまうと、入居者が集まらずに不動産投資は失敗に終わる可能性が高いです。

和歌山県で不動産投資を実施するに際しては、最低でも下記2つのコツを踏まえた上で、物件やエリアを選ぶように心がけましょう。

基本的には利便性の高い和歌山市で不動産投資を行う

基本的には、利便性が高い和歌山市内で不動産投資を行うのがベストです。

確かに和歌山市以外のエリアでは競合は少ないものの、入居者を集められずに失敗するリスクがあります。

白浜町や上富田町ではある程度需要は見込めるものの、より確実に需要が見込める和歌山市内で不動産投資を行った方が安全です。

ターゲットを通勤や通学目的で入居するサラリーマンや学生、利便性を求めるファミリー層に絞りやすい点も、市内をオススメする理由の1つです。

市内でも再開発が続くエリアが特にオススメ

和歌山市内でも特にオススメなのは、再開発が続く和歌山市駅周辺、またはふじと台ニュータウン周辺です。

これらの地域では、再開発により絶えず街の利便性が上がっています。その影響で、県内では数少ない人口増加の傾向をたどっています。

不動産投資に慣れていない場合は、安定した需要を見込める再開発エリアで不動産投資を始めましょう。

まとめ

和歌山県で不動産投資を行う場合、基本的には和歌山市駅周辺、またはふじと台ニュータウン周辺での投資がベストです。

ただし競合を避けたい場合は、白浜町や上富田町での投資も選択肢として考えられます。

人口減少が続いているだけあって、和歌山県での不動産投資は決して簡単ではありません。少しでも失敗するリスクを軽減するためにも、エリアと物件選びは慎重に行いましょう。

八木 チエ

株式会社エワルエージェント 代表取締役
みんかぶ不動産プロデューサー

宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナーなどの経験を活かし、第3者の立場で不動産投資をしていくうえで役に立つ情報をお届けします。

関連コラム