ログイン

アカウントが未登録の方は新規会員登録してください。

不動産投資物件選び

自分に合った不動産投資は?予算別に不動産投資の種類を解説

2020/10/152020/10/20
  • 「自分に合った不動産投資って、どうやって判断するの?」
  • 「不動産投資って、どんな種類があるの?」

上記のような悩みを持ったことはありませんか?

不動産投資には、不動産クラウドファンディングや区分マンション投資、一棟物件投資など、さまざまな種類があるので悩むのも無理はありません。実際、どの不動産投資が自分に合っているのかを判断するのは、とても難しいことです。

 では、どのようにすれば自分に合った不動産投資を選ぶことができるのでしょうか?それは、投資目的と予算をはっきりさせることです。例えば、10万円の投資予算がある人と1,000万円の投資予算がある人では、適している投資方法も全く異なります。

しかし、それだけでは、不十分です。正確に判断するためには、不動産投資の種類について正確な知識が必要になります。

 そこで、この記事では、自分に合った不動産投資の選び方から予算別の不動産投資の種類について、詳しく解説していきます。最後まで読んで、参考にしていただけると幸いです。

 不動産投資とは

不動産投資とは、マンションなどの不動産を購入して、家賃収入や売却益でお金を得る投資方法です。投資の種類は主に、不動産クラウドファンディング、REIT、不動産小口化商品、区分マンション、戸建て投資、一棟物件投資などがあります。

 FXや株式などの投資方法よりも、多額の資金が必要な場合が多く、長期的に安定した収入が得られることが特徴です。他にも、節税効果も期待できる場合もあります。

 自分に合った不動産投資の選び方

冒頭で紹介したように不動産投資には、多くの種類があります。そのため、どの投資を選ぶべきなのかを判断するのは、とても困難です。

 しかし、投資の目的と予算を明確にすることで、迷わず判断することができます。ここでは、それぞれ詳細に解説していきます。

 投資目的の明確化 

投資の目的は人それぞれです。そのため、自分の投資目的をはっきりさせることが重要です。ここでは、以下の目的を例にして、どういった不動産投資が適切なのかをご紹介していきます。

将来のために、不労所得を得たい

「老後の備えや将来のための貯金をしたい」、「本業以外の収入を持っておきたい」と思っている方は少なくありません。では、このような目的の場合は、どの不動産投資が最適なのでしょうか?

こういった場合は、長期的な運用が適しています。長期で運用するため、利回りの良さで選ぶより、長期保有をしても安定感がある投資先を選ぶことが重要になります。

例えば、築古物件の投資より新築物件、築浅の物件の方が、耐用年数が長いため、長期保有に向いているといえます。

老後のセカンドライフを充実させたい

退職金を元手にして不動産投資を行うことで、老後のセカンドライフを充実させることが目的の人も多くいます。こういった目的の場合は、中期的な運用が考えられるため、低価格の物件や中古物件がオススメです。

とにかく儲けたい

「不動産投資でサラリーマンをやめたい」と思っている人に多いパターンです。こういった人は、とにかく儲けることを目的にしているため、現金購入できる低価格物件や高利回りの一棟物件投資などが向いています。しかし、危険性が高い投資になる可能性もあるため、慎重に検討することが重要です。

 予算の明確化

自分の投資目的の明確化ができたら、つぎに考えるのは予算です。投資に利用できる資金は人によって違います。

また、銀行から融資してもらえる金額も当然違うため、自分が投資に利用できる金額がいくらなのかを把握することが重要です。金額の大小によって、適切な不動産投資の種類が違ってきます。

例えば、不動産クラウドファンディングであれば1万円から投資が可能です。一方で、一棟物件投資の場合は、数千万円〜数億円が必要になります。

このように、投資に利用できる予算をはっきりさせることで、自分に合った不動産投資を判断することが可能です。

 不動産投資の種類を予算別でわかりやすく解説

ここまで自分に合った不動産投資を行うためには、予算や目的をはっきりさせることが重要だと解説してきました。

しかし、予算は、用意できる金額だけでなく、どれくらいの金額でどの不動産投資が出来るのかを正確に把握しておくことも重要です。

そこで、実際に、どれくらいの予算で、どういった不動産投資ができるのかを紹介していきます。

1万円から投資できる不動産投資

不動産投資の中で最も低価格な投資の種類が不動産クラウドファンディングとREITです。高額なイメージが強い不動産投資ですが、これらの投資は、1万円から始めることができます。

低価格で簡単に始められるので、投資予算が少ない人や初心者の方に向いている投資です。

不動産投資クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、業者が物件を購入する資金を調達するために、不特定多数の人から支援を募るのに応える投資法です。資金を支援した人は、業者が、購入した物件を運用することで、得られた家賃収入や売却金から金銭を還元されます。
特徴は、以下の2点です。

  • 1万円という少ない金額で投資ができる
  • 物件の選定や情報収集などを事業者が行ってくれるので、続きが少ない

一方で、注意点としては、運用会社を慎重に選択することが必要なことや元本が割れる危険性があることが挙げられます。このように、危険性もありますが、他の不動産投資よりも低額で簡単にできるため、初心者の方に向いている投資方法です。

REIT(不動産投資信託)

REITとは、不動産を中心とした金融商品のことです。投資家から集めた資金で、投資法人が多数の不動産投資を行い、その収益から投資した人に、配当が配られる投資方法になります。
REITの特徴は、以下の3点です。

  • 少ない金額で始められること
  • 専門家が投資物件を決めて運用を行うこと
  • いくつもの投資先に投資を行うため、リスク分散がされていること

このように、同じく少ない金額で始められる不動産クラウドファンディングとは違って、自分で投資物件を選ぶ必要がないため、手間がかかりません。しかし、投資法人を通じて投資をしているため、投資法人が経営破綻をすると、投資金がもどってこない可能性があります。このようなリスクはありますが、少ない金額で専門家に任せることができるため、すぐに不動産投資を始めたい人には、オススメです。

100万円から投資できる不動産投資

不動産クラウドファンディングとREITの次に低価格な不動産投資は、下記のものになります。

それぞれ詳しく解説していきます。

不動産小口化商品

不動産小口化商品は、特定の不動産を100万円などの金額で小口化して販売し、投資した人に賃料収入や売却益を分配する投資方法になります。
特徴としては、以下の3点です。

  • 専門家が物件を選んで運用すること
  • 現物の不動産を保有できること
  • 相続税の節税対策になること

なお、1口100万円で5口からという商品が多く、実質上500万円からの商品がほとんどです。多少高めの金額ではありますが、相続税対策などキャッシュをお持ちの人におすすめの不動産投資商品です。

数百万円から数千万円投資できる不動産投資

現物不動産を一人で所有したいと考えているなら、数百万から数千万円の投資資金が必要です。

ただし、この金額を一括で払える人は少ないので、ほとんどの人は、金融機関などに融資してもらうことになります。このような不動産投資は、高額な金額が必要なため、長期保有を検討している人にオススメです。

①区分マンション

区分マンションとは、ワンルームマンションを購入して、賃貸物件として貸し出し、家賃収入を得る投資方法です。
特徴としては、以下の2点が挙げられます。

  • 現物の不動産の中では比較的に価格が安い
  • 他の不動産投資よりも市場が大きいため、売りやすい

一方、注意すべき点は、空室になることによって収入がゼロになる可能性があることです。例えば、駅から遠く、共用設備も乏しい人気のない物件に投資をしてしまった場合には、空室になり続ける可能性は高くなります。現物不動産投資の中では、投資しやすい投資法ですが、リスクもあるため、物件を選ぶ際は慎重に検討するようにしてください。
ちなみに、現物不動産投資の中では、比較的、安定性のある投資なので長期の不動産投資を検討している人に向いています。

②戸建て投資

戸建て投資とは、新築や中古の一戸建てを購入して、賃貸として貸し出すことで、家賃収入を得る投資方法です。
特徴としては以下の3点になります。

  • 人気の立地や地価が安い場合は高い利回りを期待できること
  • ファミリー層がターゲットのため、長期間住んでくれるので、安定性が高いこと
  • 修繕費用の積立はご自身でやる必要がある

一方、注意点としては、設備が多いため、修繕費がかかることやリフォームが必要な場合も多いことが挙げられます。また、他の不動産投資にも言えることですが、需要がある地域の物件に投資しないと、空室の危険性は高くなります。
このように、戸建て投資はうまくいけば高利回りを期待できますし、安定性の高い不動産投資です。しかし、危険性を回避するためには、入念なリサーチや知識が必要なので、中級者から上級者向けの投資といえます。

数千万円から億単位の不動産投資

不動産投資で最も高額なのが、一棟物件投資です。金額が非常に高額なため、最も手を出しにくい不動産投資になります。

その反面、資産を大きく拡大させたい人に向いている不動産投資です。

①一棟物件投資

一棟物件投資とは、アパートやマンション、ビルなどを一棟ごと購入して、その賃料収入で収益を得る投資方法です。
特徴は以下の3つになります。

  • 高い利回りが期待できること
  • 一棟の中に複数の部屋があるため、空室のリスクを分散できること
  • 土地と建物を所有しているため、自由に運営できること

一方、注意点は以下の3つです。

  • 多額の資金が必要なことと
  • 賃貸需要が低下すると大きな痛手を負う可能性があること
  • 修繕費が高額なこと

このように、大きな収益をあげられる反面、失敗した場合のリスクが非常に大きくなります。そのため、物件選びは慎重に行うべきです。少しでも不安があるなら、投資を考え直すくらいの気持ちが重要になります。

不動産投資を行うポイント

ここまでは、自分に合った不動産の選び方や予算別の不動産投資について、ご紹介してきました。

ここまでお読みになった人は、どの不動産投資が自分に適切なのかがわかってきたと思います。しかし、まだ不動産投資に踏み切るにはまだ早いです。

ここでは、実際に不動産投資を行ううえで、気をつけるべきポイントをご紹介いたします。それは、以下の3点です。それぞれ、詳しくご紹介します。

最新の情報を集める

どの不動産投資でも、重要なのが、最新の情報を集めることです。

例えば、物件の情報や物件がある地域、不動産投資法人の情報、不動産クラウドファンディング事業者の情報などです。これらの最新の情報を正確に集めることで、不動産投資に失敗するリスクを減らすことができます。

また、多くの情報を集めることによって、自分が検討している不動産投資が本当に適切なのかを見直す機会にもなるのです。不動産投資は、高額な資金が必要な投資のため、慎重になるにこしたことはありません。投資を行う前には、必ず出来る限りの情報を集めるようにしてください。

ちなみに、情報の集め方はインターネットや不動産業者への聞き取りが一般的な方法です。

自分も必ず専門知識を勉強する

不動産投資において、知識はとても重要です。例えば、必要な知識では、建築に関する知識、融資の知識などの専門知識から物件の選び方などの基礎知識があります。特に、高額な不動産投資になると、失敗をしないためにより専門的な知識が必要です。

ちなみに、こういった知識の勉強方法としては、本や当サイトのような専門メディアサイト、セミナーなどがあります。

 自分に合った投資会社・担当者を選ぶ

さきほど、自分で情報収集を行うことと、専門知識を勉強することは、とても重要であると説明しました。しかし、情報収集や知識の勉強にしても一人では、限界があります。そのため、ある程度の専門知識を学ぶことや情報収集ができたら、専門家に相談することをオススメします。

専門家に相談することで、より正確な情報が集まり、情報の精査もできるからです。しかし、専門家でも、合わない場合があると思います。

少しでも、信頼ができないと思う担当者だった場合には、担当者を変えてもらうように依頼をしてみてください。不動産投資の担当者は、長年付き合っていく場合が多いので、根気強く、自分に合った担当者を見つけることが重要です。

まとめ

ここまで、自分に合った不動産投資の選び方を詳細に説明してきました。そのため、最後まで読んでくれたあなたは、自分に合った投資法を見つけることが出来たと思います。

しかし、どんな不動産投資でもリスクが無いことは絶対にないので、慎重になるにこしたことはありません。慎重に検討をしたうえで、不動産投資をするようにしてみてください。

それでも、もし悩んだら、もう一度この記事を読んで参考にしていただけると幸いです。

八木 チエ

株式会社エワルエージェント 代表取締役
みんかぶ不動産プロデューサー

宅地建物取引士・2級ファイナンシャルプランナーなどの経験を活かし、第3者の立場で不動産投資をしていくうえで役に立つ情報をお届けします。

関連コラム