~
セミナーに申し込む

ログイン

アカウントが未登録の方は新規会員登録してください。

なぜ50歳から投資を始めたのか?2人の実践者が語る初心者の不動産投資の最高の始め方

その他 × 全般

なぜ、50歳から不動産投資を始めたのか?49歳と51歳のごく普通のサラリーマンから不動産投資を始めた飯田様・早川様がここだけのノウハウを語り尽くします。

基本情報
主催会社

日時

~

講師
  • 飯田 勝啓 氏(Katsuhiro Iida)

  • 早川 至 氏(Itaru Hayakawa)

投資対象

その他

セミナーテーマ

全般

参加費(税込み)

無料

備考※同業の方のご視聴はご遠慮いただいております。
セミナーに申し込む
セミナー内容

【不動産投資】
49歳と51歳から理想的なサラリーマンのゴールを実現!
2人の実践者が語る初心者の不動産投資の始め方 

なぜ50歳から投資を始めたのか?
『2人の元会社員が語る!不動産投資の最高の始め方! 

ワンルーム投資に出会ったことで人生が拓けたと言っても過言ではない

そう話すのは、現在マンション管理士として活躍する飯田様です。
サラリーマン時代の晩年は、社会と会社の変化についていくことができないなかでも『生活のためには働くしかない』そう言い聞かせて職場に向かっていました。
しかし、心はすり減っていく毎日。

そんなときに出会ったのが、
都心のワンルーム投資です。 
49歳までコツコツためてきた貯金を使い、まずは1戸購入すると、そこから人生は劇的に変化していったのです。

”毎月安定して家賃収入が入ってくる”
給料とは別に、毎月決まったお金が入ってくることへの驚きと新鮮な喜びを感じた飯田様は、ローンも活用しながらその後もワンルームマンションを買い進めていきました。 

日に日に心は安定し、たとえ仕事がうまくいかなくても、”次の夢”へと邁進されたのです。

それが、マンション管理士としてのセカンドライフです。 

今では家賃収入と、サラリーマン時代の年収をも超えたマンション管理士の両輪で、充実した生活を送られているのです。

そして、51歳で不動産投資をスタートさせた早川様も同じく家賃収入で新たな生活を楽しんでいる投資家のひとりです。
飯田様と同じく63歳の早川様もまた、家賃収入をベースとしながら好きな旅行を仕事として楽しめる『ツアーコンダクター』に転身。

 コロナ禍で収入が減ったものの、心配なく生活を続けられています。

全く異なる人生を歩んでいる同じ年齢の2人ですが、共通していることは『都心の中古ワンルームマンション投資』で資産形成をしてきたことです。

今回のセミナーでは、

  • なぜ、50代前後から不動産投資を選んだのか
  • コツコツためた貯金を都心の投資用ワンルームマンションにつぎ込むことができた理由
  • どのように資産を拡大させ、どのタイミングで退職を決断したのか

セカンドライフは人それぞれ異なります。 
ですが、ワンルームマンション投資で資産形成を始めることは、セカンドライフの選択肢をずっと広げてくれるはずです。


今回のセミナーでは、おふたりのご経験を存分に語っていただきます。
資産形成の参考にしてみてはいかがでしょうか。 

開催日

2022年11月25日(金)
< 無料視聴期間:11月11日(金)~11月27日(日)> 

開催時間 7時〜、10時~、13時〜、19時〜、22時~、23時~
ご希望の日程を申込フォームにてご指定いただけます!
プログラム 約60分間
お忙しい・時間のない方にオススメの倍速表示も可能
講 師

飯田 勝啓 氏
早川 至 氏

テーマ

49歳と51歳から理想的なサラリーマンのゴールを実現!
2人の実践者が語る初心者の不動産投資の始め方

実施形態

【オンライン】:アプリインストール不要 指定のURLへアクセスするだけで視聴可能です!
顔出し不要!
お申込み後に詳細を記載したメールをお送りいたします。

注意事項 同業の方のご視聴はご遠慮いただいております。

期間

セミナーの内容

  • 成功した不動産投資家は、なぜ都心のワンルームマンションを選ぶのか
  • サラリーマンに最適な『東京中古ワンルーム投資』
  • セカンドライフを謳歌する不動産投資家①飯田様
  • セカンドライフを謳歌する不動産投資家②早川様


セミナー参加特典

特典①不動産投資で成功する人、失敗する人
不動産投資で資産形成をしていく上で、成功と失敗を分ける考え方とは何か、そのポイントを7つに凝縮しご紹介。ebook版。 

特典②【個別相談した方限定】最新書籍プレゼント 
個別面談にお申し込み頂いた方のみ、最新書籍『「自分らしく生きがいのある生活」は低リスク・超安定のワンルーム投資で実現する!』をプレゼントいたします。  


講師の書籍・講師からのメッセージ

飯田 勝啓 氏  <書籍>

立ち止まって考える“サラリーマンの出口戦略”
「自分らしく生きがいのある生活」は低リスク・超安定のワンルーム投資で実現する!~何から始め、どう取り組むか、体験的実践術!~
(アーク出版 / 2022年2月出版)


早川 至 氏  <メッセージ>

コロナ禍でも、不動産投資は計算できる。
普通のサラリーマンだった私でも10年で安定した家賃収入を作ることができたので、検討してみてください。


講師紹介

飯田 勝啓 氏(Katsuhiro Iida)

大学を卒業後、クレジットカード会社に勤務し、2013年退職。
書店で手にした1冊の不動産投資の本をきっかけに、マンション投資について研究。

サラリーマンにもできるワンルームマンション投資を自ら実践し、そのノウハウを広めてきた。
自分のための不動産投資にとどまらず、マンション管理士として、管理組合やオーナーのマンションに関連したトラブルの解決や資産価値の向上のため、 また、マンションでの防災対策などを通して社会貢献を目指している。
現在11戸のワンルームマンションを保有し、家族と共に“セカンドライフ”を謳歌している。

著書
『49歳の窓際サラリーマンだった私が会社を辞めて家賃収入だけでラクラク生活を実現した話』(かんき出版 / 2014年)
『立ち止まって考える“サラリーマンの出口戦略”「自分らしく生きがいのある生活」は低リスク・超安定のワンルーム投資で実現する!~何から始め、どう取り組むか、体験的実践術!~』(アーク出版 / 2022年2月出版)

早川 至 氏(Itaru Hayakawa)

個人投資家

現在63歳。
投資用不動産は6戸所有し、ローン返済分を差し引いた手取り家賃収入は月々37万円。
51歳の頃、仕事は先行き不透明、またプライベートでも離婚を経験。
大学に進学した子供たちの教育費を支払うなかで、老後の生活に不安を感じ資産作りを検討。
そんななか不動産投資を知り都心の中古ワンルームマンション投資をスタート。

引退までの限られた時間の中で頭金が溜まったら物件を購入し、時間と信用力を有効活用し資産を拡大。
現在は自身も旅を楽しめるという理由から『ツアーコンダクター』に転身。

コロナ禍で収入は激減するも、家賃収入をベースにオリンピックのボランティアやワクチン接種のお手伝いにも携わる。